RealPath:
WebPath:
2017/01/19 01:19 (JST) 更新
文字列処理 >>

sed

Contents

Extended Regular Expression について

「-r」オプションを指定することで有効になる。

正規表現の文字列としては「+」等、割とよく使われるものも Extended Regular Expression 扱いとなっているので「-r」は常に付けておくくらいの意識で良さそう。

置換

s コマンドにより置換を行う

後ろ側のオプションを付けないと最初にマッチしたものだけ置換される。

bash
$ echo "hello or world" | sed -r 's/or/OR/'
hello OR world

 
後ろ側に g オプションを付けるとマッチしたもの全てが置換される。

bash
$ echo "hello or world" | sed -r 's/or/OR/g'
hello OR wORld

抽出

置換の応用で抽出を行う。

「o」で始まる単語を抽出する例。

bash
$  echo "hello or world" | sed -r 's/.*\b(o\w+).*/\1/'
or

参考