RealPath:
WebPath:
2017/01/13 01:54 (JST) 更新
各種サービス >>

dhcp

Contents

インストール

bash
# yum -y install dhcp

設定

/etc/dhcpd.conf を作成・編集 (/etc/share/doc/dhcp-3.0.3/dhcpd.conf.sample を参考にする)

/etc/dhcpd.conf
# 接続してきたクライアントのホスト名と割り振ったIPアドレスを
# 自動でDynamicDNSに登録する。必要ない場合は interim ではなく add-hoc を指定する。
ddns-update-style interim;

# クライアントから、ホスト名ではなくFQDNが渡された場合、
# 最左からホスト名を取り出し、ドメイン部はDHCPサーバで指定しているものを使用。
ignore client-updates;

# 単一のサブネットに対して提供する場合の書き方。
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0{
    # ドメイン名
    option domain-name "mofmof.jp";

    # デフォルトゲートウェイ
    option routers 192.168.1.1;

    # クライアントに与えるサブネットマスク
    option subnet-mask 255.255.255.0;

    # クライアントに割り当てるアドレスの範囲を指定 (※必ず指定する)
    range dynamic-bootp 192.168.1.2 192.168.1.254;

    # 標準のIP貸し出し時間、最大のIP貸し出し時間。単位は秒。
    default-lease-time 21600;
    max-lease-time 43200;

    # DNSサーバのアドレス。直アドでも名前でもOK。
    # 複数指定できる(区切りはコンマ)。
    option domain-name-servers www.mofmof.jp;

    # WINSサーバ
    option netbios-name-servers www.mofmof.jp;

    # 特定のホスト(MACアドレスで指定)に固定のアドレスを割り当てる
    host note{
        hardware ethernet 00:00:00:00:00:00;
        fixed-address 192.168.1.60;
        option host-name "note";
    }
}

BOOTP(DHCP)ポート67(UDP)を開放

# system-config-securitylevel-tui

自動起動の設定

設定

bash
# chkconfig --level 35 dhcpd on

 
確認

bash
# chkconfig --list dhcpd

起動

bash
# service dhcpd start

参考ページ