RealPath:
WebPath:
2017/03/04 16:07 (JST) 更新
Git >>

設定

Contents

SSH鍵登録

bash
$ ssh-keygen -t rsa -C "適当な識別コメント"
$ cat .ssh/id_rsa.pub

このキー文字列をGitHubに登録。

ユーザ情報設定(コミットをする場合は必須)

bash
$ git config --global user.name "kobake"
$ git config --global user.email "kobake@users.sourceforge.net"

装飾設定

bash
$ git config --global color.ui auto
$ git config --global core.pager "less -q -R" (色が変わらない場合はこれも入れると良い)

改行変換設定

bash
$ git config --global core.autocrlf false (無変換)
$ git config --global core.autocrlf true (Windowsで作業する場合、こっちが良いかな)
$ git config --global core.autocrlf input (Linuxで作業する場合これが良いかな。コミット時の CRLF から LF への変換はするけど、それ以外(チェックアウト)では変換しない)
$ git config --global core.safecrlf true (これをしておくと、改行コードが混在しているようなファイルのコミットを拒否する)
  • core.autocrlf = false … 改行無変換。
  • core.autocrlf = true … コミット時には CRLF を LF へ変換する。チェックアウト時には LF を CRLF へ変換する。
  • core.autocrlf = input … コミット時には CRLF を LF へ変換する。それ以外では無変換。

push 挙動設定

bash
$ git config --global push.default matching (古いバージョンではこっちがデフォルト。やや危険)
$ git config --global push.default simple (こっちのほうが安全。ただし古いバージョンではこれはまだ無い)

※ Git の新しめのバージョンでは push.default のデフォルト設定は matching から simple になっているはず。

  • matching … ブランチ名を指定せずに git push を実行したとき、ローカルブランチ名とリモートブランチ名が一致するものはすべて push される
  • simple … 現在のブランチしかプッシュしない

文字コード表示

bash
$ git config --global core.quotepath false (UNICODE文字をそのまま表示)
/etc/sysconfig/i18n
LANG="ja_JP.UTF-8" または
LANG="en_US.UTF-8"

ignore設定

bash
$ git config --global core.excludesfile ~/.gitignore
~/.gitignore
# 普段無視しておきたいファイルパターンを記述しておく
*.tmp
*.user

ファイルパーミッション無視設定

bash
$ git config --global core.filemode false (chmodを無視する)

config設定確認

bash
$ git config --global -l
user.name=kobake
user.email=kobake@users.sourceforge.net
color.ui=auto
core.autocrlf=false