RealPath:
WebPath:
2017/01/13 20:57 (JST) 更新
BackTrack >>

無線LANその2

Contents

無線LANデバイス一覧

# iwconfig

重要なのは

  • デバイス名 … wlan0, eth1, ath0 等
  • ESSID … APに接続するときに設定する
  • Mode
    • Managed … クライアントとして使う (デフォルト)
    • Monitor … 無線LANのパケットをキャプチャする
    • Master … APとして使う

無線LANドライバ認識

iwconfig で無線LANデバイスが見つからない場合、これを使うと運が良ければ使えるようになるかも。

# airdriver-ng supported

これで現在サポートされているドライバ一覧が表示される。
基本的に Aircrack-ng や Airodump-ng などが使用できる可能性があるドライバはここに含まれている。

ドライバのロード

# airdriver-ng load (ロードしたいドライバの番号)

例)
# airdriver-ng load 8

ロードできない場合はインストールを行うと良い。これでドライバのソースコードからビルドされてインストールされる。

例)
# airdriver-ng install 8

madwifi-ng

モニタモードに移行

モニターモードにするには、それぞれのチップセットごとに iwconfig, iwpriv, wlanconfig など異なるコマンドを使用する必要があるが、

Aircrack-ng に含まれる Airmon-ng コマンドを使用することで、デバイスごとの差異を吸収して、同じコマンドで実行できる。

# airmon-ng start wlan0

モニタモードの終了

# airmon-ng stop mon0

tcpdump

tcpdump でも mon0 等を指定できるらしい(?)