RealPath:
WebPath:
2017/01/13 20:54 (JST) 更新
BackTrack >>

インストール

Contents

HDDにインストール

http://www.backtrack-linux.org/tutorials/backtrack-hard-drive-install/

テキストモードで起動
↓
# startx
↓
デスクトップ画面が表示される
↓
デスクトップ上のInstall BackTrackをダブルクリック

使い方

  • root/toorでログイン

日本語化

方法1

http://taryune.wordpress.com/2011/05/12/backtrack5-japanese/

# apt-get install software-center
↓
Ubuntu ソフトウェアセンターを起動して ”language support”と検索&インストール
↓
system>administration>language support と選択して起動。
↓
Install / Remove Languages… をクリックし日本語を探して、チェックそして、Apply changeを押してインストール
↓
Textタブで「日本語」を選択。
↓
再ログインして、メニューが日本語になっているかを確認

これが一番楽だと思う。「続・ハッキングの達人」に載ってる方法もこれ。

方法2

# apt-get update
# apt-get install language-support-ja
# apt-get install kde-l10n-ja
# vi /etc/default/locale
LANG="en_US.UTF-8"
↓
LANG="ja_JP.UTF-8"

ちなみにkde-i18n-jaはkde3.xの日本語化パッケージ、
kde-l10n-jaはKDE4の日本語化パッケージ。

方法3

日本語化済みISO
- http://ftp.riken.jp/Linux/simosnet-livecd/backtrack/

方法4(無線LANセキュリティの教科書2012)

# apt-get install language-selector
# gnome-language-selector

「The language support is not installed completely」というダイアログが出るので、「Install」をクリック。

Textタブを開き、その中の設定を「日本語」にし、「Apply System Wide」をクリック。

Languageタブを選び、日本語(日本)が選ばれているのを確認し、閉じる。

再起動する。

この時点では、まだ時刻表示が日本語になっただけ。

再び gnome-language-selector を起動。

ダイアログが開くので、「Install」をクリック。

再び再起動。

日本語入力の切り替えについて

  • Ctrl + スペース

英語に戻す

デスクトップ起動前の画面で、

# export LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
# startx

バージョン確認

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=10.04
DISTRIB_CODENAME=lucid
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 10.04.2 LTS"

※↑BackTrack5の結果。

# cat /etc/issue
BackTrack 5 Code Name Revolution 32 bit\n \l

カーネルバージョン

# uname -a
Linux red 2.6.39.4 #1 SMP Thu Aug 18 13:38:02 NZST 2011 i686 GNU/Linux

カーネルバージョン(番号のみ)

# uname -r
2.6.38

ホスト名

root@bt:~# hostname
bt
  • ※samba を起動しているとホスト名が漏れるので注意
# hostname 新しい名前
# vi /etc/hostname
新しい名前
# vi /etc/hosts
127.0.0.1 新しい名前
# /etc/init.d/networking restart

文字コード

# cat /etc/default/locale
LANG="en_US.UTF-8"
↓
LANG="ja_JP.UTF-8"

# echo $LANG
en_US.UTF-8

crontabのログ

/var/log/syslog

ブート関連ファイルメモ

  • /etc/default/burg
  • /etc/default/grub
  • /boot/initrd.img-2.6.38
  • /boot/vmlinuz-2.6.~

画像形式メモ

  • jpg
  • png
  • gif
  • bmp
  • tga

グラフィックモードに変更

# startx

メニュー拡張

GNOME

  • [System] - [Preferences] - [Main Menu]
    • [System]
      • [Control Center] をチェック
    • [Applications]
      • [System Tools] をチェック
      • [Universal Access] をチェック
    • [Applications] - [System Tools]
      • [File Browser] をチェック → 普通のファイラ
      • [Root Terminal] をチェック → 普通のターミナル
    • [Applications] - [Universal Access]
      • 何もない…
    • [Applications] - [Accessories]
      • [GNOME Shell] をチェック → 何も起こらない
      • [Panel] をチェック → 何も起こらない
    • [Applications] - [BackTrack] - [Services]
      • [Networking] をチェック
    • [Applications] - [BackTrack] - [Services] - [Networking]
      • 何もない…
    • [Applications] - [Other]
      • [Theme Installer] をチェック

KDE

スタートメニューを右クリック → [メニューエディタ] (kmenuedit)

kismetのメニューファイル

# cat /root/.local/share/applications/backtrack-kismet.desktop
[Desktop Entry]
Categories=bt-network-analysis-wireless-lan;
Comment=
Encoding=UTF-8
Exec=sh -c "kismet;sudo -s"
Icon=btmenu.png
Name=kismetAAA
NoDisplay=false
Path[$e]=
StartupNotify=false
Terminal=0
TerminalOptions=
Type=Application
X-KDE-SubstituteUID=false
X-KDE-Username=

メニューファイルは /etc/xdg/menus/applications.menu

例:gerixの探し方

# grep gerix `locate gerix`
/usr/share/applications/backtrack-gerix-wifi-cracker-ng.desktop
# cat /usr/share/applications/backtrack-gerix-wifi-cracker-ng.desktop
Name=gerix-wifi-cracker-ng
…
Categories=bt-wireless-exploitation-lan;

カテゴリが bt-wireless-exploitation-lan であることが分かる。

[BackTrack] - [Exploitation Tools] - [Wireless Exploitation Tools] - [WLAN Exploitation] - [gerix-wifi-cracker-ng]