RealPath:
WebPath:
2016/11/19 17:51 (JST) 更新
BackTrack >>

見た目

Contents

パネルメニュー編集

パネルを右クリック - [Menu Editor]

壁紙変更

http://caleudum.com/change-desktop-background-in-backtrak-5-kde/

デスクトップで右クリック - [フォルダビューの設定] - [壁紙]

1. place your mouse to your desktop
2. right click
3. choose view/folder setting
4. choose your image to be the desktop background

文字欠け

googleで調べてみると、Kubuntu固有の問題ではなくて、KDEを利用した場合に共通に起こる問題のようでした。



Konsoleの表示に利用しているフォントを変更することで文字欠けを修正することができます。



Konsoleのメニューから「設定」をクリック。

  • [設定] - [プロファイルの設定] - [プロファイルを編集] - [外観] - [フォントを編集]
    • 「モノスペース」→「DejaVu Sans Mono」「Liberation Mono」

起動時

スプラッシュスクリーン

[スタートメニュー] - [設定] - [KDEシステム設定] - [ワークスペースの外観] - [スプラッシュスクリーン]

Plymouthテーマ

# apt-get install plymouth-theme-*
# update-alternatives --config default.plymouth
(好きな番号を選択。mint-logo等)
# update-initramfs -u (to save your new configuration )



/boot/initrd.img-*が更新される

# plymouth-set-default-theme (テーマの名称) --rebuild-initrd
# update-alternatives --config default.plymouth

利用可能なテーマの名称は、下記のコマンドで確認できます。

# plymouth-set-default-theme --list
# echo FRAMEBUFFER=y >>/etc/initramfs-tools/conf.d/splash
# update-initramfs -u (to save your new configuration )

Plymouth検証

Plymouth デーモンの起動 :

# plymouthd

Plymouth のスプラッシュの表示 :

# plymouth --show-splash

Plymouth の終了 :

# plymouth --quit

Super Boot Manager

http://ankyo.blog.so-net.ne.jp/2011-05-24

# add-apt-repository ppa:ingalex/super-boot-manager
# apt-get update
# apt-get install super-boot-manager hwinfo burg-emu grub-emu

[スタートメニュー] - [システム] に「Super-Boot-Manager」が追加される。

  • ※hostname が /etc/hosts に登録されていないと失敗するかも。

G Alternatives

GUI で Plymouth を変更できるけど、サムネイルが無いのでわかりにくい。

 # apt-get install galternatives
↓
[スタートメニュー] - [システム] に「Alternatives Configurator」が追加される。
↓
Alternatives Configurator を起動。
↓
「default.plymouth」を選択

update-initramfs

# update-initramfs -u -k 2.6.39.4
↓
2.6.39.4 を更新
# update-initramfs -u -k all
↓
すべてのバージョンを更新
よく使うオプション
-u  This mode updates an existing initramfs.
-k  version
            Set  the  specific kernel version for whom the initramfs will be
            generated.  For example the output of uname  -r  for  your  cur-
            rently  running  kernel.   This argument is optional for update.
            The default is the latest kernel version.
            The  use   of   "all"   for   the   version   string   specifies
            update-initramfs  to  execute  the  chosen action for all kernel
            versions, that are already known to update-initramfs.

「-k all」を指定しなくても全カーネルが更新されるように。

# vi /etc/initramfs-tools/update-initramfs.conf
update_initramfs=yes
↓
update_initramfs=all

その他

StartUp-Manager

http://memo.officebrook.net/20081127.html

# apt-get install startupmanager



[スタートメニュー] - [システム] に「StartUp-Manager」が追加される。

起動画像変更実験

# rm -rf /home/coo/jpg
# rm -rf /home/coo/png
# rm -rf /home/coo/gif
# updatedb

# mkdir /home/coo/jpg
# chown coo:coo /home/coo/jpg
# for i in `locate .jpg`; do /root/ln.pl "$i" /home/coo/jpg jpg; done

# mkdir /home/coo/png
# chown coo:coo /home/coo/png
# for i in `locate .png`; do /root/ln.pl "$i" /home/coo/png png; done

# mkdir /home/coo/gif
# chown coo:coo /home/coo/gif
# for i in `locate .gif`; do /root/ln.pl "$i" /home/coo/gif gif; done

メモ

画像について



splash.xpm.gzというファイルですが、

ファイル名から分かるように、

xpm形式の画像ファイルをgzipでアーカイブしているものです。

さらに、表示できる画像サイズは『640x480』で

使用色数は『14色』です。



これから変えようとする画像ファイルも同様に用意しなくてはなりません。